2007年10月10日

知られざる少年探偵

情報源:10月7日付けの朝日新聞(の広告)。
不思議な事に今まで刊行(復刻)されなかった(その辺の事情はAmazonの内容説明にありました)山本周五郎の探偵小説集が毎月1冊刊行されているそうです。
その内の第一巻「少年探偵春日龍介」のあらすじは、宣伝文句によると、父博士の発明の秘密に隠し財産を巡る殺人事件、そして秘密結社との激闘…と、聞くだけでも江戸川乱歩の少年探偵シリーズを彷彿とさせて大変興味を惹かれます。
それ以前に山本周五郎って、時代小説のイメージが強くて、まさか推理もの、それも少年探偵のシリーズを書いていたなんて寝耳に水(ちょっと大げさですが)で驚きました。
秘密結社なんて今時言わないし、懐かしい響きです〜。
他にも第二巻の「シャーロック・ホームズ異聞」、それ以降に配本予定の探偵もの、スパイ小説、海洋冒険もの…タイトルを見るだけでもどんな内容なのかと想像が広がり、読んでみたくなりました。
「山本周五郎探偵小説全集」全六巻、別巻一。税込み各2940円。別巻のみ3360円。
作品社より刊行。
posted by もあな at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・漫画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187237951
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。